ホームページとWebサイトの違いは?それぞれの意味を解説します

ホームページとWebサイトの違いは?それぞれの意味を解説します

今回は、よく混同して使われてしまう言葉「ホームページ(HP)」と「Webサイト」のそれぞれの言葉の意味と違いについてご説明させて頂きます。

Advertisement

ホームページとWebサイトの違いは?

ホームページやWebサイトという言葉は、ニュースや普段の会話の中で耳にすることが多い言葉かと思いますが、「ホームページ = Webサイト」と思っている方も多いのではないでしょうか。
この2つの言葉はどちらもサイトページに関する言葉ですが、若干異なる意味を持っていますのでそれぞれの意味についてご紹介させて頂きます。

ホームページの意味

ホームページ(HP)は主に、ブラウザ(Google ChromeやFirefox、Safariなど)のホームボタンを押したときに表示されるページを指します。Webサイトの場合も、ロゴをクリックしたときに表示されるページ「https://○○○○.com/」をホームページ(ドメイン直下)と呼ぶことがあります。Webサイトの「https://○○○○.com/○○/」は下層ページと呼ばれます。
※ロゴにリンクを設定していないサイト、トップページへのリンクを設置しているサイトもあります。
当サイトの場合は下記の部分がこれに当たります。
googleホームページ

ブラウザのホームページは下記を指します。※Google Chromeの場合
ホームページへのリンク

Webサイトの意味

Webサイト(Webまたはサイトとも言う)は、サイトのホームページ、下層ページなど、複数のWebページのまとまりのことを言います。同じドメインを有するサイト(下記、例)は、同じWebサイトと思っていただければ問題ありません。

多くのサイトが上記のように、ホームページをドメイン直下、下層ページをドメイン下層(/○○○○/)に置いています。※下層ページの下に下層を設置する場合もあります。ニュース詳細、事業内容詳細ページ等。

・https://sample.com/ → ホームページ
・https://sample.com/about/ → 以下、↓下層ページ
・https://sample.com/company/
・https://sample.com/company/web/
・https://sample.com/company/design/
・https://sample.com/contact/
・https://sample.com/recruit/

ホームページとWebサイトの違い

「ホームページ」「Webサイト」この2つはどちらもWebサイトに関わる意味を持っていますが、ホームページはWebサイトのTOP、Webサイトはホームページや下層ページをまとめた総称ということになります。
実際の生活の中では使うことが少ないですが、覚えておくと良いかもしれません。

web知識カテゴリの最新記事