【初心者/業務】見積書の書き方・テンプレート

仕事

今回は、見積書をPC上で作成する際の書き方、テンプレートを紹介します。

取引先から商品の発注があった際に、見積書をPCで作成して送付しなければならないことはよくありますよね。そもそも初めてなのでどのような書き方をすればいいのか分からない…という方も多いのではないかと思います。事務職の方などは普段から作成する機会が多く、企業向けの通販を運営される場合も、企業側から見積書を求められることもありますので、是非参考にしてみてください。

見積書の書き方・テンプレート

初めに見積書のテンプレートから見ていきましょう。

下図のような見積書が一般的なものとなりますが社会人の場合は見たことがある方も多いのではないでしょうか。各パーツの説明はこの後させて頂きます。

上図が見積書のテンプレートになります。各パーツごとに見ていきましょう。

①顧客名(左上):お客様の名前を入力します。取引先が会社の場合は敬称に「御中」を、個人名の場合は「様」を敬称として付けます。

②注文備考(①下):商品を注文する際の発送期日、納品場所、支払い条件、見積期限を入力します。各会社様やサイトの指定のものに変更してください。

③見積作成日(右上):見積書を作成した年月日と見積書ナンバーを入力します。見積書ナンバーは1日の発注が複数あった際に分かりやすいように発注履歴を付けておくと便利です。

④会社情報(③下):自社情報を入力します。会社名、住所、電話・FAX番号、担当者のメールアドレスを記載しておきましょう。

⑤確認欄(④下):担当者のサインを入力します。ハンコデータ等があればそちらを使いましょう。

⑥商品名(⑤下中央):商品名を入力します。できるだけ詳細に記載しましょう。

⑦注文内容・金額(⑥下):商品の注文内容と金額を入力します。商品の単価・合計金額だけではなく、商品作成・発送に掛かる経費がある場合もここに記載しましょう。

⑧備考欄(一番下):備考がある場合に入力します。

見積書を作成する際は上記の通りに作成しておけば問題ありません。

この見積書テンプレートは下記にダウンロードリンクが記載されていますので、必要な場合はダウンロードしてください。(※このPDFファイルは実際に使用して頂いて問題ありません。イラストレーターで編集可能なファイルとなっています。文字にアウトラインがかかっていないので、フォントは各自で変更をお願いします。)

見積書PDF ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました